九州大学 応用力学研究所 核融合力学部門及び附属高温プラズマ理工学研究センター
九州大学 極限プラズマ研究連携センター
九州大学 大学院総合理工学府 先端エネルギー理工学専攻 炉心理工学 核融合プラズマ理工学

TOP

ようこそ!藤澤・永島・文 研究室へ

受験生の皆さんへ
プラズマに関する知識や経験がなくてもやる気があれば大丈夫です。

藤澤・永島・文 研では…

プラズマは宇宙に普遍的に存在する状態です。その研究は自然界の理解や核融合をはじめとした技術革新につながります。藤澤・永島研では乱流プラズマとその構造形成の実験研究を行っています。特に、乱流はプラズマを逃 がすメカニズム(乱流輸送)として大きな役割を担うと考えられ、核融合の実現にとってプラズマ乱流の理解は欠かせない要素となっています。

 乱流に は、様々な時間・空間スケールの揺らぎが存在し、互いに作用し合ってその状態を維持しています。そこで、

様々な時間・空間スケールの乱流ゆらぎをどのように精密に計測す るか、

得られた揺らぎのデータをどのように分析するか、

分析した結果から どのように新しい知見・法則を見出すか、

などが主な教育・研究テーマとなっています。

現在は、乱流プラズマの基礎学理探求に資する装置として九州大学応用力学研究所 のトカマクPLATO及び直線プラズマPANTA、核融合に関連した高温トーラスプラズマ装置として球状トカマクQUESTなどを用い、乱流プラズマの輸送と構造形成の普遍的な原理を探求しています。

トーラスプラズマ乱流俯瞰装置 PLATO
トーラスプラズマ乱流俯瞰装置 PLATO