第12回QUEST研究会


〜長時間放電を指向した加熱、熱・粒子制御、PWI研究〜

日時
2016年9月20日(火) 13:30〜18:30
2016年9月21日(水)  9:00〜12:30
場所
応用力学研究所 2階大会議室
懇親会
2016年9月20日(火)19:00〜
味のなかがわ(日本料理)
会費: 5,000円

プログラム

9月20日(火)
13:30-13:35
所長挨拶 (花田所長)
座長: 大野哲靖(名古屋大)
13:35-14:00(20+5)[基調講演]
諫山明彦(量研機構):「JT-60SA計画の進展」
14:00-14:20(15+5)
花田和明(九州大):「QUESTにおける最近の成果 −高温壁実験と28GHz入射実験−」
14:20-14:40(15+5)
菊池満(量研機構):「負三角度トカマク研究の進展」
14:40-15:00(15+5)
高瀬雄一(東京大):「TST-2におけるCCCアンテナを使ったLHCD実験」
15:00-15:20 (15+5)
田中仁(京都大):「LATE 装置での電子バーンスタイン波による球状トカマクの無誘導形成」
15:20-15:40(15+5)
本島厳(核融合研):「反射率測定によるLHD第一壁ヘリウム燃料粒子吸蔵分布評価の試み」
15:40-16:00(15+5)
大澤一人(九州大):「タングステン材料中の二原子空孔の安定性と水素の影響」
16:00-16:10
Coffee Break および 集合写真撮影
座長: 長山好夫(核融合研)
16:10-16:30(15+5)
四竈泰一(京都大):「多視線分光による不純物イオン流れの空間分布計測」
16:30-16:50(15+5)
図子秀樹(九州大):「開磁気面トロイダルスラブプラズマにおけるプラズマ流速とその垂直磁場依存性」
16:50-17:10 (15+5)
福山淳(京都大):「QUESTプラズマにおける電子バーンシュタイン波の解析」
17:10-17:30(15+5)
御手洗修(東海大):「QUESTにおけるCHI燃料供給の研究」
17:30-17:50(15+5)
坂本隆一(核融合研):「QUESTにおけるペレット入射実験の検討」
17:50-18:10(15+5)
嶋田道也(量研機構):「QUESTにおける強制対流液体金属ダイバータ実験の予備検討」
18:10-18:30(15+5)
吉田直亮(九州大):「高温壁QUESTにおけるプラズマ・壁相互作用」
19:00〜
懇親会(送迎バスにて出発 18:35)
9月21日(水)
座長:永田正義(兵庫県立大)
9:00-09:20(15+5)
大矢恭久(静岡大):「クエスト高温プラズマ対向壁における水素同位体滞留能評価」
9:20-09:40(15+5)
松山政夫(富山大):「炉内材料による水素同位体の保持に対するプラズマ曝露の影響」
9:40-10:00(15+5)
廣岡慶彦(核融合研):「強制流動液体金属PFCによる粒子ポンピング効果」
10:00-10:20(15+5)
Xu Yue(総研大):「Bi-directional hydrogen isotopes permeation through a reduced activation ferritic steel alloy F82H」
10:20-10:30
Coffee Break
座長:出射浩(九州大)
10:30-10:50(15+5)
坂本瑞樹(筑波大):「GAMMA 10/PDX におけるダイバータ模擬実験」
10:50-11:10 (15+5)
東郷訓(筑波大): 「イオン温度非等方性を考慮した非接触ダイバータプラズマの数値解析」
11:10-11:30 (15+5)
戸井田和弥(東京大):「QUESTおよびTST-2におけるトムソン散乱計測」
11:30-11:50(15+5)
黒田賢剛(九州大):「QUEST装置CHI導入及び実験計画報告」
11:50-12:10
QUEST実験・計画討論
12:10-12:20
双方向型共同研究の成果の見える化について
12:20-12:30
新センター設立について