球状トカマク史上最長の定常プラズマ運転


核融合炉の定常運転を実現するために、トカマク放電の長時間維持に挑戦しています。高周波プラズマ加熱とプラズマ粒子制御によって2時間超のトカマク運転を実現し、球状トカマク史上最長の放電時間を記録しました。核融合炉の壁温を模擬できる高温壁を利用した粒子制御は、世界に類を見ない手法です。



世界をリードする非誘導電流駆動


高出力マイクロ波発振管(ジャイロトロン)と強集束大型ミラーを用いて、トーラスを周回する高速電子と強く相互作用するように電子サイクロトロン波を入射し、90kA超の非誘導プラズマ電流駆動を達成しました。球状トカマクにおける本方式での世界最高達成電流値です。球状トカマクのみならず、トカマクを含めたプラズマ立ち上げシナリオ構築に大きく貢献できる成果です。



実験室のドローン映像はこちら





お知らせ
2019. 5.18 オープンキャンパスが開催されました。当センターは714人の方にご来場いただきました。ありがとうございました。
2019. 4. 4 当センターで「2019年度QUEST/PWI共同研究研究会」を開催します。
2019. 2. 2 第26回QUEST実験推進会議を開催しました。
2018. 10. 25 教員公募案内(教授)を掲載しました。
2018. 7. 21 第25回QUEST実験推進会議を開催します。
2018. 6. 22 2018年7月20日(金) QUEST 10周年記念 研究会(第15回QUEST研究会)を開催します。
2018. 4. 12 「第16回高校生シンポジウム 未来をつくるプラズマ」における事前プラズマ実習の受入研究室となりました。
2018. 4. 1 池添竜也 准教授が着任されました。